MENU
  • 設計セミナー

    update:2014.11.15

    いよいよ明日になりました。
    1級建築士をお招きしての設計セミナー。
    お時間は14:00〜。
    公社ビル1Fの中研修室での開催になります。
    家の魅せ方や空間のとり方
    設計者からの目線でお話しくださいます(*^_^*)
    もちろん皆様のご質問に直接答えていただけるコーナーも♪
    ご参加のみなさま、楽しみにされていてください。

    本日もみなさま、ありがとうございました。
     

    HOKANISHI Blog
  • 今日の出来事

    update:2014.11.15

     

    今日は、(伊佐市)S様邸のお打合せ。

    まず解体・整地確認に現場で造成業者と造成工事の打合せ、

    その後はお施主様と、仕様書説明等行いました。今月29日は地鎮祭・

    地盤調査・基礎工事準備に入ります。

    これから、寒い季節になりお施主様も年末忙しくなりますが、

    建築は長期戦ですので、無理をされないようお願いします。

     

     

     

    TAHARA Blog
  • 業者会

    update:2014.11.14

    昨日、業者会に参加してまいりました。

    毎月、沢山の業者さん達が参加してくれます。
    現場の進捗や、現場パトロールの報告、
    来年に向けての企画会議。
    何よりも、あまり現場にいけない私が
    業者さん方と触れ合えるめったにない機会でございます。
    Sin工房協力会のみなさま、いつもありがとうございます。
    よりよい家づくりの為に...今後ともよろしくお願い致します。

    本日もみなさま、ありがとうございました。
    一気に寒くなってきました。
    みなさま、風邪等お引きになりませんよう
    くれぐれもご自愛くださいませ。

    HOKANISHI Blog
  • パートナー探しの前に知っておくべきこと

    update:2014.11.13
     
     
     
    依頼先には、大きくいえば、メーカー、地元住宅会社、工務店、設計事務所があります。
     
    それぞれに特徴があり、一概にどこが一番ということはできませんが、パートナーを見極める
     
    際には、私はまず、[人 ]と[現場]に着目することをお勧めします。
     
    パートナーの良し悪しは、[人]や[現場]に感じられる熱意や誠実さに自然に表れます 。
     
    熱意や誠実さは、カタログやパンフレットからは絶対に汲み取れない部分です。
     
    第一に気をつけたいのは 、相手の知名度や規模といった一般的な世評に左右されないこと
     
    だと思います。お客様自身のパートナーとしてふさわしい相手を選ぶ。それがポイントです。
     
    相手と波長が合う、価値観が似ているといった感性的ない部分も重要です。なにしろ、長ければ、
     
    何年にもわたって付き合うことになる相手です。[こんな人なら任せられる]というもの
     
    がなければ、楽しく家ずくりを進めることが難しくなります。
     
    また、[現場]については、施行現場や完成宅を見ることができる[見学会]などを利用して、
     
    積極的に足を運んで見てください。また、会社事務所を訪れて、その場の雰囲気や仕事ぶりな
     
    どを知ることも大いに参考になります。
     
    設計から施行、アフターメンテナンスまで、家づくりはいろいろな段階があります。
     
    そして、その段階ごとに、自然にその会社の良し悪しが表れるサインがあるものです。
     
    大切なのは、それを見逃さないで、きちんと相手を見極めることです。
     
    一方では、どんな家を建てたいのかを家族で十分に検討する。そして、建てたい家のテーマ
     
    や課題を明らかする。そうすれば、相手に求めるものも明確にしておくことができます。
     
    家づくりの理念がしっかりした、実績を積んだ信頼できる会社なら、[人]を大切に育て、
     
    [現場]を最も重視しているものです。そうした会社は、単なるテクニックやマニュアルだけでは
     
    良い家が建たないことを知っているはずです。
     
    信頼できる技術を持っているのはプロとして当然のことですが、それを満足のいく家づくり
     
    として活かすには、きわめて人間的な側面や現場での対応力が大きくものをいいます。
     
     
     
     
     
    TAHARA Blog
  • 復興支援活動‼︎

    update:2014.11.11

     

    今日は、福島県の本宮市の仮設住宅で災害支援活動の為、被災者の方々に

    ボランティアで炊き出しのお手伝いに来ています。

    少しでも、元気になってもらえるように全国から加盟グループが集まりました。

    私は、タコ焼きコーナーの係りで、多くの方々に食べていただいました。

    何か、こっちの方が元気をもらった様な気がします。

    TAHARA Blog
  • 山の紅葉は...

    update:2014.11.10

    鹿児島で紅葉といえば、だいたい11月下旬から。
    もう少ししたら、今年こそは千本イチョウを見に行ったりしたいなぁ...
    などと考えているところに、父から送られてきた写真。

    自称アルピニストのわが父。
    ほぼ毎週、どこかの山に行っております。
    山はすでに、こんなに紅葉しているのですね。
    ちなみに、写真は阿蘇らしいです。確か。
    しかも、ご来光時は零度で氷が張っていたりするそうです。

    紅葉はきれいですけど、見に行きたいですけど、
    ...((+_+)) さむそうですね。

    ...。私は近場でいいかなぁ。
    やっぱり今年こそは、千本イチョウを見に行こう!

    本日もみなさま、ありがとうございました。
    登山が趣味の方々、心から尊敬いたします。


     

    HOKANISHI Blog
  • 地元住宅だからできること

    update:2014.11.10

     

    地元住宅会社の家ずくりは、[性能表示]のような数字だけではない、ご家族の日々

    の暮らしからスタートします。そのために、例えば、次のような家ずくりに対する批判があります

    [施行技術がバラバラだから信頼できない]

    [現場の手づくりだから性能が一定しない]

    私の考えでは、[手づくり]だからこそ、きめ細かな家ずくりが可能なのです。

    決して数値競争に走ったり、個性を失ったり、画一化した家づくりにはしないという自身

    と誇りです。

    現場には優れた施行技術を持った職人さんが鹿児島にもたくさんいます。

    彼らはどこかの研究所ではなく、現場で徹底的に鍛えられています。お客様と直接向かい

    合い、言葉を交わし、肌を接するように希望を汲み取りながら、一人ひとりのお客様にとっ

    て住み心地のよい家を実現するための、貴重な経験やノウハウを積み重ねています。

    家づくりの基本は、決して数字で表されるような枠の中に納まるものではありません。

    もちろん、数字で表される部分については、確かな技術や技能、ノウハウの中にしっかり生か

    されています。

    まず、全国一律の家づくりとはちがい、地域の風土に対応した家が建てられることにあり

    ます。鹿児島は高温多湿な気候であり、桜島の火山灰が降ったり、台風が急に訪れたりと

    いった問題もあります。こういった諸事情をわかったうえで家づくりを行っている地元住宅

    メーカーは、その土地の根ざした本物の家をつくることができるのです。

    地元住宅地会社のよさを一言で言えば、それは[身の丈に合った家]が建てられることに

    あります。

    その人の予算や条件の中で、最大限の努力を惜しまず、理想の家に一歩でも近づける。

    手づくりだからこそ、とことん追求できる現場での工夫や柔軟性があります。そうした職人の

    プライドのようなものが、私たちの大きな財産だと私は思う。

     

     

    TAHARA Blog
  • 来週末の設計セミナー

    update:2014.11.09

    いよいよ来週開催になりました(*^_^*)

    ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    一級建築士による 設計セミナー

    11月16日(日) 14:00〜
    公社ビル 中研修室(1F)

    ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

    空間のとり方や間取り。家の魅せ方...

    今回、一級建築士の栗本氏(栗本尚樹建築設計室)をお招きして
    プロの目線からの「家づくり」の考え方をレクチャーしていただきます♪
    皆様の疑問を、設計者に直接聞けるチャンスは、そうそうございません。

    私自身も、楽しみにしているこのセミナー。
    お席があと少々ございます♪
    ご予約お待ちしております。

    本日もみなさま、ありがとうございました。
     

    HOKANISHI Blog
  • 上棟のお知らせ

    update:2014.11.09

     

    地鎮祭から42日、基礎工事・土台式・立て方・屋根工事・外壁工事・そして

     

    本日、川上町のN様邸の上棟を天候の心配がありましたが、無事に15:00に開催しました。

     

    上棟を終え、お施主様もホットされたようでした。

     

    その後は、照明造作等の仕様打合せを同社で、コーディネータと打合せを行いました。

     

    次はは、土台と柱部分にボードディフェンス(防蟻)を噴き、サッシ・玄関ドアの取り付け予定です。

     

    N様本日は、おめでとうございます。

     

    今後とも宜しくお願いしますm(__)m

     

     

     

     

     

     

     

    TAHARA Blog
  • 立冬と冬至とかぼちゃ

    update:2014.11.08

    昨日かぼちゃを食べました。
    そこでふと思い出したのが、昨日が「立冬」だったという事。
    まだ紅葉も今からなのに、暦の上では冬を迎えてしまいました。

    しかし...よく考えてみると、
    かぼちゃを食べるのは冬至。
    そして今年の冬至は12月22日らしいです。

    立冬と冬至。
    少し頭がごっちゃになってしまいそうです。

    ● 立冬 ●
    冬のはじまりの日。季節の節目。

    ● 冬至 ●
    一年間でもっとも昼間が短く、夜間が長い日。
    太陽の力が弱くなり、生まれ変わると言われている日。
    ゆず湯とかぼちゃ。

    季節と太陽と。
    四季のある日本ならでは なのでしょうね(*^_^*)

    何にせよ、だんだん寒くなってきました。
    温かいものを食べて、ほっと一息いれましょう♪
    本日もみなさま、ありがとうございました。

    HOKANISHI Blog
検索結果 1896件中461470件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 1901つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する