MENU
  • 12月になると。。

    update:2017.12.02

    今年も最後の月。12月になりましたね。

    2〜3日暖かかったと思っていたら、急に

    冷え込み、今日はすっかり寒空に。

    寒暖の差が大きいと体調を崩しやすくなり

    ますので、皆様もお気を付けくださいませ。

     

    さて、我が家では年末に向けて、少しずつ

    お掃除を始めているところです。

    整理収納アドバイザーといたしましては、毎日

    しっかりと整理整頓できていると言いたい!

    のですが、行き届かないことも多くこの時期

    になるとすべてをひっくり返して再点検して

    います。本棚も押入れも何もかもを出して、

    家具も移動しての大掃除。

    ありがたいことに、今の家に住み始めてから

    衣類のカビや家具の後ろの埃、壁の汚れなど

    がないので、本当に助かっています。

    整理収納のお仕事のお話を頂くのも多くなる

    この時期。片付けがうまくできる習慣がつくと

    違うことが見えてくるかもしれません。

     

    インテリアコーディネーター
  • 門司へ!

    update:2017.12.01

    こんにちは!

     

    先週、大学の恩師からの頼まれごとで下関、門司に行ってきました。

     

    大学時代、下関に住んではいたもののあまり門司を満喫する機会がありませんでした。

    そこで今回は門司港のホテルに宿泊してレトロ街を散策!

     

    アインシュタインが宿泊した「旧門司三井倶楽部」を見学したのですが、

    本格的な西洋建築に圧倒されっぱなし。。。

    幾度の改修を経ていると思われますが、床の軋みは歴史を感じるものでした。

     

    アインシュタインが宿泊した部屋には直筆?の手紙も展示してあり、

    歴史上の偉人と繋がれたような今までにない不思議な感覚に陥りました。

     

    建物の構造については、ヨーロッパの木造と石や漆喰を組み合わせ充填する工法、

    ハーフティンバー様式でつくられていて、窓は単層ガラスでしたが思ったほど寒くはなかったです。

    時間の関係で20分ほどしか見学できませんでしたが、感じるものが多い建物でした。

     

    門司港にはこのほかにも多くの西洋建築が残存しており、

    景観法で街並みを壊さないようにエリア内のファミリーマートは看板が茶色であったり、電線が埋設してあったりと雰囲気も楽しめます!

     

    皆さんも門司港に行かれた際にはぜひ足を運んでみてください!

    KATO Blog
  • 行ってきました

    update:2017.11.17

    東京ビックサイトでのJAPANTEXへ行ってきました。

    毎年、行ってみたいなぁと思いつつ、行けてなかった展示会。

    今年こそは!と奮起。友人のインテリアコーディネーターとの

    2人旅となりました。

    目的は2つ。

    1つ目はJAPANTEXで気になる商材のカタログを請求すること。

    丁寧にブースを見たいけど、数が多すぎて大変なので、名刺交換

    させて頂いて、カタログを送っていただき、ゆっくりとみようと

    いう作戦です。それだけでも足が痛くなるほど歩いて、たくさん

    のカタログが送ってくることになっています。

    驚いたのは、思った以上に中国や台湾などの企業の出店が多い

    ことです。英語ができないと交渉もできず。。トホホです。

    素敵な商材をたくさん見つけましたので、今後のお仕事に活かし

    たいと思います。

    高校生のデザインコンテストの作品を見ました。高校生の頃に

    こんなにインテリアに興味を持ってくれているなんて!(^^)!

    これからが楽しみですね〜

    もう一つは国立新美術館で安藤忠雄展へ行くこと。

    光の協会を1/1で再現してあると、限りなく実物に近いもの。

    お天気にも恵まれて、光が力強くしなやかに抜ける姿をみること

    が出来ました。15日のギャラリートークに安藤先生が来られる

    ことになっていてましたが、行けず、お会いすることはできません

    でしたが、ゆっくりとこれからの建築を考え、建築に触れることが

    できました。もう少し頑張ってみよう。そう思います。

     

     

    インテリアコーディネーター
  • 今年も・・・

    update:2017.11.14

    こんにちは!

     

    朝のニュース番組で今年も残すところあと7週しかないと言ってました!

    最近は本当に時間が過ぎるのが早く感じます。。。

     

    さて空気が乾燥する季節、インフルエンザが流行の兆しを見せています。

    毎年ブログで書いている気がしますが、室内の湿度環境には気を付けましょう!

    暖房器具を使うと、温度だけが上がり空気中の水分量はあまり変化がありません。

    そうすると飽和水蒸気量に対する水分量が少なくなって乾燥している状況になります。

    さらに肌の水分も空気中に奪われて肌が乾燥します。

     

    ちなみに外の空気の乾燥は太平洋側の地域でのお話です。

    日本海側には、シベリアから日本海の水分を多く含んだ気団が流れてきます。

    その気団は日本海側に多くの雪を降らせ、太平洋側に流れてくるころには水分の少ない空気になります。

    先日「POLA」さんが発表した美肌県ランキングで、日本海側で雪国の都道府県が上位にきているのは関係があるのかもしれません。

     

    話がそれましたが、湿度を管理する際は「絶対湿度」つまり空気中の水蒸気量に注意をしてください!

    気温が低くなれば、水蒸気量が少なくても相対湿度が高くなる可能性があります!

    市販で絶対湿度を計測できる時計も販売されているので、検討されてみてもいいかもしれません。

     

    適切な湿度環境を保ち、健康な冬を過ごしましょう!

    KATO Blog
  • 土地は意外と・・・

    update:2017.11.10

    こんにちは!

     

    皆様「SUMIKA」という雑誌をご存知でしょうか?

    鹿児島建設新聞さんが発刊されている鹿児島県内の住宅情報雑誌です!

    年に2回発刊されており、先日最新号である17号が発売しました。

    弊社も記事を掲載しているので、書店、コンビニで見かけたら手に取ってみてくださいね!

     

    さて家づくりを始める方の多くが土地からお探しという方が多いです。

    しかし最近は相続などで土地をお持ちの段階からご相談をうけることも増えてきました!

    土地探しというのは家づくりにおいて、金銭的、時間的なウエイトが大きいです。

    それを考えると土地をお持ちの方は、優位に計画が進められそうですよね!

    事実そうなのですが、中には逆に時間やお金がかかってしまうことがあります。。。

     

    土地を購入される方は不動産屋さんや工務店さんからご提案を受けることが多いと思いますが、

    その場合「ある程度建築に不都合がないものや、不都合があってもその説明を受けたうえでのご提案」となることがほとんどです。

    そのため土地が気に入れば比較的スムーズに計画がすすんでいきます。

     

    しかし、相続などで土地を承継した場合はお客様自身で建築できるものだと判断をして、

    計画をスタートする方が少なからずいらっしゃいます。

    例えば、一見普通の住宅用地に見えても「農地」である場合には届け出もしくは許可申請が必要です。

    やっかいなのは許可申請の場合、自治体にもよりますが2か月から3か月ほど時間がかかります。

    許可が下りなければ工事に着手できませんので、時間的にロスが生じます。

     

    今度は土地と道路に高低差がある場合です。

    この場合車の駐車位置や玄関の出入りが不便になりがちで、

    それを解消しようと思うと、盛土や切土、それに伴うブロック工事などが必要になり、

    時間的金銭的なロスが発生します。

    他にも上下水道、敷地境界、電線、道路状況等々。

     

    しかしこのような問題は稀なことではありません。

    大事なのは「どのタイミングで気づくか」です。

    計画を始める段階で気づいたのならそれを加味して計画を進めていけば良いため、

    そんなにストレスではありません。

    しかしある程度計画が進んだ段階で気づいてしまうと大幅な計画変更が必要になる可能性があります。

    場合によっては「建築が不可能である土地」ということもあります。

    そうなってくるとそこからまた気分を盛り上げるのは難しいですよね。。。

     

    Sin工房では土地をご紹介することはもちろんのことですが、

    お持ちの土地の敷地調査をお手伝いしております。

    建築を予定している方はこの機会にぜひご相談ください!

    KATO Blog
  • 知識を知恵に

    update:2017.10.26

    こんにちは!

     

    台風22号が週末に接近しそうですね。。。

    今回も上陸の可能性は低そうですが警戒はしておきましょう!

     

    近年、住宅業界は大きな変化を控え、家づくりを考えている方はもちろん我々工務店も情報の収集、理解が必要です。

    ありがたいことにいろいろな勉強会にお招きいただき、情報の収集という意味では不便はありません。

    しかしほとんどの勉強会は「これからの家づくりはこうでなければならない」というような内容で、

    なぜそのような状況になったのかというところまで、教えてくれる方はほんの少数です。

     

    例えば「ZEH」。

    以前お客様からなぜZEHには断熱性能に基準があるのか、

    省エネが目的なら太陽光パネルをたくさん載せればいいのではとご質問いただきました。

    このお客様がおっしゃるように省エネを目的とするならば、断熱性能は関係ありません。

    ただこの「ZEH」には「我慢による省エネ」による居住者の健康阻害を防ぐという目的もあります。

    「我慢による省エネ」とは暑くても寒くても空調をつけずに我慢して電気代を浮かせるというものです。

    震災による計画停電の際に問題提起されましたね。

    私も経験がありますが、たしかに電気代は浮きました!

    ただ風邪をひいたりと結局いい思いをしたことがありません笑

     

    とここまでは勉強会で教えてくれる内容ですが、

    本当に「我慢による省エネ」を減らすためには高断熱性だけでは不十分です。

    例えば冬場にどんなに厚着をしていても、服に穴が空いていたりすると思ったように暖かくないですよね?

    家も同じで、どんなに性能が良くて、厚みのある断熱材を使っていても隙間だらけでは意味がありません!

    しかしZEHにはこの隙間に対する基準がないため、断熱の数値は同じ建物でも隙間の量で体感するものに違いが生まれます。

    ZEHの背景に省エネだけでなく、居住者の健康が関係するのであればできるだけ隙間がないほうがいいのです。

    このように制度、基準が作られた背景をみていくと、本当に取り組まなければならないものを見落としてしまいます。

    かくいう私も決して十分ではありません。。。

     

    でも意識していなければできないことなので、

    より気を付けて皆さまにいいものがご提案できるように頑張ります!!

    KATO Blog
  • 妙円寺詣り

    update:2017.10.23

    こんにちは!

     

    昨日は台風の影響はいかがでしたでしょうか?

    屋根、外壁、雨漏りなどこれを機会に確認してみるのもいいかもしれません。

     

    さて私の地元である日置市伊集院町で一昨日、昨日と「妙円寺詣り」が行われました!

    鹿児島にお住いの方は名前くらいは聞いたことがあるかもしれません!

     

    鹿児島県の三大行事に数えられる「妙円寺詣り」は、敵中突破で知られる島津義弘公を偲んで、

    心身の鍛錬を目的とし鹿児島城下の武士たちが始めたものです。

    当時は鎧・兜で身を固めて義弘公の菩提寺である妙円寺(今の徳重神社)まで往復40Kmの道のりを参拝していたそうです。

    それにちなんで鹿児島市内の照国神社から徳重神社まで歩くという現在の形ができました。

    今は剣道や相撲の大会が開かれたり、出店が並んでいたりとお祭りの要素も強くなっていますね!

     

    私も高校生までは毎年いろいろな形で参加をしていました。

    小中学校の時は学校から徳重神社まで歩いて参拝をしたり、

    「妙円寺詣りの歌」という歌詞が22番まである歌を覚えるなどした思い出があります。

    高校になると清掃などのボランティアという形での参加がメインでした。

    当時は生徒会の整美委員長で、かなり忙しかったのを覚えています。。。

    この妙円寺参りは日置市の人口をはるかに超える10万人が参加します。

    そのため準備には地域の方々の応援が欠かせないのです。

    終わってしまうとあっという間なのですが・・・

     

    最近はなかなか参加できておりませんが、来年あたりは久しぶりに行ってみたいと思います!

    KATO Blog
  • 始まりは...

    update:2017.10.20

    カシオGショック、一億個突破。
    始まりは、若手社員のたった一行の提案から。
    「落としても壊れない時計を作りたい」

    最近の印象に残った記事です。
    〇熱大陸や、プロジェクト〇ではないですが
    なんとなくメロディが聞こえてきそうな...

    そうでなくても、単純に、すごい!!
    若手の提案に信頼をおいた上司も、
    周りの声に左右されずに実験し続けたことも、
    そのうちやっと、信頼のおける仲間とチームが組めて、
    何度も何度も失敗して、紆余曲折しつつも、
    最後の最後の諦める寸前のところで、閃いて完成!!
    それが今では、一億個突破!!
    なんというか、ドラマティック!!

    ...これは、あれですね。
    私が文章にしてはいけない...すごくチープな感じで申し訳ないですね。
    ですが、どんな商品にも、
    こんなドラマが隠されているのかもしれないと思うと、
    ワクワクして、私もがんばらないといけないなぁと思った次第です。
    もしかしたら、お客様のささいな一言に、
    すごい想いが隠されていて、そこから何かが始まって...。
    なんて。色々想像してしまいました。

     

    一言一言を大切にしよう。
    本日も皆様、ありがとうございました。

    HOKANISHI Blog
  • 安物買いの銭失い

    update:2017.10.20

    こんにちは!

     

    最近、100円ショップでお風呂掃除のスポンジを購入しました。

     

    それまでは某スーパーで売っているものを使っていたのですが、

    たまたま100円ショップで見かけたので手に取ってみました。

     

    初めのほうは以前のものと同じように使えたのですが、7日目くらいでスポンジが

    はがれてしまいました。。。

     

    私の使い方も悪かったのかもしれませんが、結局以前使っていたものを買いなおして使っています。

     

    まさに「安物買いの銭失い」でした。。。

     

    実は家づくりにも同じことが起こりうるのです。

     

    わかりやすいところでいうと、断熱材、窓、気密です。

    これは最近では常識に近いところまで周知されていますが、

    断熱材・窓・気密の性能を抑えて、いいことはありません。

    断熱・気密性能が低い家は、性能の高い家と比べて「初期費用」は落ちますが、光熱費が上がります。

    寒さ暑さを我慢するストレスとも付き合っていかなければなりません。

     

    以上のように、初期費用を抑えるためだけの選択は要注意です!

    家の代金、いわゆる初期費用はどのように支払うのでしょうか?

    多くの方が住宅ローンを利用し、月々の支払いで対応されるかと思います。

    となれば判断の物差しは初期費用ではなく、光熱費などの月々の出費を加味したうえで

    住宅ローンの月々の返済額がセーフかどうかではないでしょうか。

     

    例えば100万円分断熱性能を強化したとして、

    住宅ローンを100万円増額して月々の支払額はプラス2799円です。(変動金利0.95%、元利均等、35年返済、ボーナス月加算無)

    ということは光熱費が2799円以上削減できれば、返済額は増えたのにも関わらず月々の支払いがお得になるということです!

    そしてこれは十分可能な範囲ではないかと思います。

     

    長くはなりましたが、家が「一生に一度の大きな買い物」になるように(建て替えが必要ないように)、

    広い視野で家づくりに取り組まれてみてはいかがでしょうか?

    KATO Blog
  • 新米の季節ですね

    update:2017.10.16

    宮之城産の新米が届きました。

    早速、炊いて食べましたが、やっぱり

    美味しい!(^^)!です。

    4月から福岡で暮らす長男にも宅配便で

    送ってあげました。お米を毎日炊いて

    自炊をしているようなので、お米は必需品

    のようですね。

    今日は、炊き込みご飯にしましょうか。

    このままでは、体重に影響しそうです。

    インテリアコーディネーター
検索結果 2145件中3140件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 2151つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する