MENU
  • 気持ちいいです

    update:2012.11.25

    朝6時の事務所前、まだ真っ暗です。

    毎月25日のボランティア活動、流石に寒いです。

    事務所前の道路は高校2校、中学校、盲学校と

    鹿児島で有数の文教地区で毎朝、生徒たちが通学してきます。

    その通学路から公園まで約1kmの距離を、ゴミ袋とほうきを持って、

    ゴミ拾いをしました。公園では朝のラジオ体操にきた方々と

    挨拶を交わし、公園中のゴミを拾い終わる頃にやっと空が

    明るくなってきました。ボランティアを開始した時は

    寝起きでボーとしていた頭も、終わる頃にはスッキリとし、

    清々しい気持ちになります。ボランティアは今回が2回目ですが、

    継続していくための工夫をしていき、業者さんの参加も

    業者会を通して増やしていきたいと思っています。

    業者の皆さんよろしくお願いします。

    SIN Blog
  • ご協力

    update:2012.11.24

    来年の3月完成予定の3棟あります。

    現在、完成に向けて営業も工務も慌ただしくバタバタと

    仕事に取り組んでいます。

    3月は転勤や入学など異動シーズンで、

    4月には新居から通いたいという方が多いようです。

    皆さんの希望に応えられるように、打ち合わせや

    工程をしっかりしていきたいと思いますが,

    それにはお施主様の御協力が合っての事です。

    良い家造りの為に、お施主様と工務店が一緒に

    なって完成に向けて頑張っていきたいと思います。

    皆様のご協力よろしくお願いします。

    SIN Blog
  • 絆を深めて

    update:2012.11.23

    今度の澤田塾で発表する、Sin工房のストーリーをスタッフと再検討しました。

    先月、一度作成して提出していましたが、発表を目前に確認の為もあり、

    もう一度読み直してみました。すると、一月前には気付かなかった事や

    現在考えている思い、スタッフの環境など少しではありますが、

    微妙に変化している点がありました。

    現在のスタッフは西を除けばまだ入社して4〜5カ月です。

    考えてみれば一緒に仕事をはじめてから月日は浅いのですが、

    ここ1、2ヶ月の仕事の量やイベント、勉強会など濃密すぎて、

    もう何年も一緒に働いている仲間のような気持ちになっていました。

    ストーリーを読み返しながら、(みんな必死に付いてきてくれてありがとう!)

    という感謝の気持ちで一杯になりました。

    Sin工房のこのメンバーを基盤に、もっと上のステップを目指し、

    スタッフ全員で絆を深めていきたいと思いました。

    Sin工房の社員の皆さん、これからも皆で苦楽を乗り越えていきましょう!

    SIN Blog
  • 霧島神宮

    update:2012.11.22

    紅く色づいたもみじのトンネルを抜け、境内まで続く石畳をゆっくりと登り、

    天孫降臨の地、高千穂峰の麓に鎮座する、霧島神宮へお参りに行ってきました。

    三種の神器と稲穂を捧持し高千穂峰に天降りたという神話で有名な、

    天皇陛下の祖先、日本の肇国の祖神、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が

    主祭神として奉斎されている霧島神宮、各式が高く荘厳さがあります。

    三の鳥居横には日本国家に出てくる、さざれ石もあり、

    御神木には南九州の杉の祖先といわれる、樹齢約800年の杉が祭られています。

    坂本竜馬が妻おりょうと参拝した事でも話題になっています。

    伊勢神宮の御膝元、三重県津市の赤塚建設、赤塚社長の影響もあり、

    日本の歴史を少しだけ勉強してみました。

    鹿児島、宮崎は日本の紀元に繋がる神話の地がたくさんあります。

    今まで、何となくお参りしていましたが、日本の紀元を考えながら

    参拝していたら、思わず自分の事でなく世界平和の事を祈願していました。

    天皇陛下は日本国民や世界平和の祈願を年中されていると聴きました。

    日本人が日本の事を知るのは大切な事だと思います。

    自信をもって日本人であり続けるために、心の訓練をしていきたいと願います。

    霧島で心身共に清められて清々しい一日でした。

    伊勢神宮にも行ってみたいなあ・・・・。

    SIN Blog
  • 静かな一日

    update:2012.11.21

    本日は定休日でしたが、地鎮祭や図面の打ち合わせがあり

    出勤いたしました。地鎮祭は晴天に恵まれ、

    初冬の冷たく澄んだ空気に神主さんの笛の音が響き

    朝から幻想的な趣がありました。

    土地も携わる人々も清めて貰い、清々しい心持で

    着工出来ると思います。完成まで事故の無く

    工事が行われるよう祈りました。

    その後、営業の森田と同行して現場の確認や

    図面打ち合わせを行いました。

    上棟前の現場や上棟後の現場など、スムーズに

    工事が行なわれているようで安心しました。

    事務所も定休日で殆ど電話も来客もなく、

    普段と違って静かな一日でした。

    たまにはこんな日も良いのかもしれませんね。

    SIN Blog
  • 風水

    update:2012.11.20

    今日から嫁さんが風水の勉強で大阪に行っています。

    基本編を終了して、応用編を勉強しているようですが、

    中国伝来の本格的な風水で個人個人の、方位を見るため

    とても奥が深く、今回は前回受講した事をもう一度勉強したい

    という希望で出かけていきました。

    私は基本編を嫁さんから教えてもらいましたが、

    初めの内は頭に入っていきましたが、レベルが高くなると

    まったく分からなくなってしまいました。

    その点、女性の方が感性が良く、感覚で覚えているようです。

    まあ得意な人に勉強して貰った方が効率が良いですね。

    私は、嫁さんの留守中久しぶりに家事でもしましょうかね。

    腹を空かせた子供達が待ってますので、今日はもう帰ります。

    SIN Blog
  • 上棟

    update:2012.11.19

    三階建てのH様邸の上棟式をいたしました。

    屋根の上には登りなれているつもりでしたが、

    さすがに三階建てはいつもと景色が違って、

    端っこに行くと足がすくみました。

    鹿児島の上棟式では、朝日の登る方角を見て、

    2礼、2拍手、1礼礼をし、四隅と棟の中心に

    塩、米、酒(焼酎)を撒きます。

    その後に餅やお菓子、お金を集まった人々に

    向かって撒きます。

    屋根の上には五色の旗に鏡と扇、櫛で的を建て、

    それを弓矢で射ます。弓を射る方角も身内の

    いない方角に的を向けて射ます。

    家を守る神様は女の神様で、(天照大御神)

    女性は神様が嫉妬するので(?)屋根の上で

    撒くことが出来ません。

    古くからの風習ですが、節目節目の行事として

    後世に伝えていければいいなと思います。

    SIN Blog
  • 伝わりました。

    update:2012.11.18

    昨日の土砂降りと打って変わり、澄みきった晴天になりました。

    本日は、皆様が楽しみにお持ち頂いた体感バスツアーの日です。

    これだけ天気が良く、バスで海岸線を走っていると、

    小学校の遠足を思い出し、なんとなしかウキウキしました。

    参加された方々もツアーを楽しんで頂けたようで、

    皆さん笑顔が溢れていました。

    今回、お邪魔しましたM様、長時間の滞在にも関わらず、

    皆様の質問に快くお答えいただきまして、本当にありがとうございました。

    参加された方々が、大変感謝されていました。

    埃が付きにくいとか、暖房があまり要らないなど、

    実際に生活しなければ分からない事をお伝えいただけて、

    『神様が宿る家』の良さが皆様にしっかり伝わったと感じました。

    本当の良さは体感してみなければ分かりません。

    次回は3月頃の予定ですので、まだ参加されてない方は

    是非ご参加ください。

    SIN Blog
  • 成長する会社

    update:2012.11.16
    先日、お施主様から『社長が3ヶ月不在でも成長する会社の つくり方』という小冊子を頂きました。いつもSin工房の事を 気に掛けて下さり、スタッフにも御指導下さるお施主様です。 当社の報連相の悪さや、段取りの悪さを心配されて 下さった小冊子だと思います。そのお心遣いに感謝 しながら、小冊子を読んでみました。   企業の成長プロセスには幼少期・青年期・成熟期とに 分けられます。幼少期は、「経営者=事業」という時期で、 社員は社長だけ、もしくは社長と奥さん、アシスタント数名 という状態です。徐々に事業が軌道に乗ってくると、顧客が増え 休日もなく一日に15時間以上働いても手が回らなくなってきます。 そして、従業員を雇い入れたところで、青年期となります。 その目的は事業を成長させるためですが、人を雇えばそれなりの 問題が付き物です。人が増えるにつれて細かい所まで目が届かなくなり、 発生したトラブルの解決に社長が振り回されてしまうこともしばしばです。 従業員を雇う事で社長の負担は軽減されるはずだったのに、逆にさらに 忙しくなるという結果になることもあります。つまり、社長の思うように 事業をコントロール出来なくなっているのが青年期です。 成熟期は、青年期の壁を乗り越え、従業員は自分の役割を十分に 理解しながら働き、社長が経営者の仕事を正しくすることによって 会社機能がバランスよく組織化され、利益が恒常的に上がるように システム化された会社です。   当社は、残念ながらまだ青年期で迷っている状態かもしれません。 澤田塾で正しい経営を学んでいますが、全てを実行出来ているとは言えません。 Sin工房に期待して頂いているお客様のためにも、早く成熟した企業になるように、 社員のベクトルを合わせて一丸となって取り組まなければなりません。 そのためには、自分の器をもっと磨かないといけません。 まだまだ努力不足で反省しています。 会社は社長の器以上に大きくならないとよく言われますので、 自分を見つめ直して成長していきたいと思います。
    SIN Blog
  • コミニュケーション

    update:2012.11.17

    コミニュケーションは大切ですね。

    言葉の取り違いで思いが伝わらない事もあります。

    お互いゆっくりと話をすれば何でもない事が、

    忙しいと言葉数も少なくなり、思いが違う方向に伝わってしまいます。

    報連相の勉強をしていても、上手く伝わらない事が多いです。

    もともと、人それぞれ考え方が違うので、受け取り方は様々だと

    思いますが、時間をとって話し合うと、相手が理解しているか、

    どの様に思っているかが分かってきます。

    同じ思いで集まった仲間は、心の根源は一緒だと思うので、

    会社でコミュニケーションを取れる環境を

    作ってあげる事が必要かもしれません。

    みんなが本音で話せて、笑顔の絶えない職場づくりを

    する事が出来れば幸せだと思います。

    楽しく仕事をすれば、家造りも楽しく出来ます。

    それが良い家造りをするための一つの方法です。

    全てはお客様の笑顔のために、同じ思いで取り組みましょう。

    SIN Blog
検索結果 1228件中941950件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 1231つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する