MENU
  • 対処の仕方

    update:2013.03.28

    午後から現場廻りをしました。

    基礎着工、建て方、外部塗工事、内部漆喰工事、と

    それぞれの工程が同時に見れるので、

    家造りの流れがよく分かります。

    現在、7棟同時に現場が動いていくので、工程段取りや

    社内、社外の報連相を今以上に徹底しなければいけません。

    効率の良い現場管理が出来る様に、

    社内ミーティングや管理ソフトを上手に使い

    円滑に現場が進むように取り組んでいますが、

    それでも、人間ですので何らかのミスが起きます。

    その時の失敗に対しての対応が、

    次の工程にとても重要になると思います。

    工程を遅らさないためにも、迅速に対応できる

    心構えが必要です。失敗の対処から信頼を得る

    事もあるので、誠実に真摯に受けとめ対処したいものです。

    社内でしっかりと報連相しながら取り組んでいきます。

    SIN Blog
  • 学びの場

    update:2013.03.27

    朝8時の新幹線に乗って9時半には博多に着きました。

    最早、福岡は通勤圏内のようです。

    今日は朝から福岡で住まいネットの勉強会です。

    九州の仲間4社と住まいネットのスタッフと、

    マンツーマンで今期と来期の事業計画、

    スケジュールなどの勉強をしました。

    特に当社は今期末に竣工が重なっているので、

    工程管理の事や、時間削減の方法などを

    具体的にご指導いただきました。

    全国30社のデーターをもとに、マニュアルや

    事例を参考にして学習できるので、

    実戦向きで大変役立ちます。

    九州の仲間達とも情報交換もでき、有意義な時間を過ごせました。

    鹿児島に帰り次第、事業計画の見直しとスケジュール調整に取り組みます。

    住まいネットの高木さんご指導ありがとうございました。

    SIN Blog
  • 伝え方

    update:2013.03.26

    最近仕事が増えてきて、社内の中で連絡ミスや

    報告漏れが目立ってきたようで、それが原因で

    納期が遅れたり、現場が動かない事があります。

    社内で報連相の徹底を、朝礼でも話していますが、

    忙しいと自分の用件だけになったり、

    言葉の伝え方が悪かったりします。

    私も、相手が分かっているだろうと思い込む事が多く、

    言った筈なのに伝わっていない事がよくあります。

    言葉の伝え方も下手なのか、相手の感情を

    悪くしたり、違った風に取り違えられたりもします。

    忙しい時こそ、もっと時間をとって穏やかに話を

    した方が良いと反省しています。

    Sin工房の社員は、お客様の事を第一に考えて

    仕事をしている者ばかりですが、言葉が足りなっかったり、

    勘違いなどの喰い違いがあったりして、

    上手くいかないこともあります。

    全てはコミュニケーションが大切なので、

    冷静に話し合いをしていきたいと思います。

    みんなで協力し合い、社員全員が楽しく仕事が出来る

    環境を作っていくように努力します。

    SIN Blog
  • 一斉清掃

    update:2013.03.25

    朝日が昇るのがだいぶ早くなりましたね。

    暖かい朝日に包まれての早朝清掃は清々しいです。

    毎月25日の一斉清掃は、上棟以降の現場を

    協力業者と一緒に清掃する事になり、

    朝早くに現場に集合し、近隣のお家や道路のゴミ拾いと

    現場のトイレや周辺の清掃をしました。

    行きなれている現場も、目線を下げてゆっくりと

    作業すると、普段は見えなかった木くずやゴミが出てきます。

    現場やご近所が綺麗になると業者や職人も働きやすくなり、

    参加していた業者さんも生き生きとしていました。

    一斉清掃を続けていき、お施主様が住みやすい

    環境を作っていきたいと思います。

    SIN Blog
  • 体感バスツアー

    update:2013.03.24

    本日は体感バスツアーの日でした。

    心配していた雨も殆んど降らず、

    皆さん和やかな雰囲気で御参加いただきました。

    「空気が澄んでいるよですね」

    「臭いが本当にしないいんですね」

    など、たくさんのご感想を頂きました。

    お施主様のお話も皆さん熱心に聞いておられて、

    「本当に埃が出ないんですか?」

    「暖房をどれくらい使いますか?」など、

    質問をそれぞれされ、お施主様のN様も

    その都度お答えして頂き、皆さん納得されていました。

    今後も、構造見学会やラジエントヒーター講習会など

    イベントを開催いたしますので、御参加下さい。

    N様、御協力ありがとうございました。30名近くの

    ご来場で大変だったと思います。

    これからも末永いお付き合いお願いいたします。

    SIN Blog
  • 春雨

    update:2013.03.23

    桜が満開になりましたが、生憎の雨続きで

    花見は当面お預けのようです。

    それよりも、この雨で工期が遅れて困っています。

    天気だけはどうにもなりませんので、

    出来る工程から進めるしかありません。

    出来るだけ完成を遅らせないように、

    段取りしていきたいと思います。

    明日は体感バスツアーの日です。

    お施主様の御好意によりお家を見学させて

    頂きます。御参加の皆様は住み心地や

    疑問に思う事をご質問して下さい。

    N様、いつもご協力ありがとうございます。

    明日も宜しくお願いいたします。

    SIN Blog
  • 琺瑯

    update:2013.03.22

    琺瑯(ホーロー)についてタカラキッチンで勉強しました。

    ホーローはツタンカーメンのお面にも使われていて、

    古い昔からあった事を初めて知りました。

    金属に高温のガラスコーテイングをしたものが

    ホーローだという認識はありましたが、

    紀元前にその技術が在ったなんて驚きでした。

    タカラのキッチンは全てがホーローなので、

    ベニヤや合板のキッチンと比べると長持ちしそうです。

    接合部も接着剤をお使用していない様なので、

    VOCもあまり出ないような気がします。

    ただ、質感が冷たいのとデザイン性があまりよくない

    気がしますが、そこは好みなので素材自体はお勧めできます。

    皆様も機会があればタカラのショールームを覗いてみて下さい。

    SIN Blog
  • 隼人の地鎮祭

    update:2013.03.21

    霧島市の隼人町で建築していただく

    S様の地鎮祭を行いました。

    前日、春の嵐で天候が心配でしたが、

    本日は快晴で最高の地鎮祭日和でした。

    ご両親と御兄弟、御家族揃っての御参加で、

    和やかな雰囲気でお祓いが行われました。

    S様のお家は国道沿いの大変目立つ場所です。

    「神様が宿る家」を見て頂くためには最適な立地です。

    建築面積は62坪もあり、存在感も充分あります。

    会社としても力の入る現場です。

    S様とのお付き合いは3年近くなりますが、

    数ある建築会社の中で、Sin工房を選んで頂き、

    心から感謝しています。S様に満足して頂ける

    家造りに取り組んでいきますので、

    これからも末永くお付き合い下さい。

    SIN Blog
  • 彼岸

    update:2013.03.20

    彼岸の中日なので父の墓参りに行きました。

    何でお彼岸に墓参りに行くのか疑問だったので、

    Wikipediaで調べてみました。

     

    (彼岸)

    彼岸会法要は日本独自のものであり、現在では彼岸の仏事は

    浄土思想に結びつけて説明される場合が多くみられる。

    浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の一種)は

    西方の遙か彼方にあると考えられている(西方浄土ともいう)。

    春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、

    遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。

    もとはシルクロードを経て伝わった、生を終えた後の世界を願う考え方に基づいている

    。心に極楽浄土を思い描き浄土に生まれ変われることを願ったもの(念仏)と理解されているようだ。

    しかし後述のように、天皇の詔として始められた行事であったが、いつの時代も人として、

    生を終えた後の世界への関心の高いことは同じであり、

    いつの間にか生を終えていった祖先を供養する行事として定着するに至った。

    彼岸会の「彼岸」は、「日願(ひがん)」から来ているとも言える。

    日本に限らず古来から、太陽や祖霊信仰は原始宗教の頃からつきものなのである。

    仏教語の彼岸は後から結びついたものであるという説(五来重による)もある。

     

    何はともあれ、ご先祖様を供養する事は良い事なので、

    日頃の報告とお礼を兼ねて、墓参りをしました。

    お墓の入り口に桜の木が満開に咲き誇っていて、

    (そういえば、親父は桜の花が好きだったなあ・・・。)

    など、親父のことを思い出しながらお墓に手を合わせました。

    生前はあまり会話の無い親子だったかもしれません。

    亡くなってから心の中で会話しているようです。

    親父から「生きている間は、精一杯生きろ!」と励まされたように思います。

    まだ親父の背中を超えられませんが、いつの日か認められるように頑張ります。

    SIN Blog
  • 心を込めて

    update:2013.03.19

    今日は一日中、現場に出ずっぱりで

    掃除や片付けをしていました。

    ワックスをかけて床を磨いていると、

    目線が低くなって現場の色々な事に気づきます。

    床のキズや汚れなど、誰がどんな状況で付けたか

    大体分かります。

    キズなどは無垢材の床なので、水を含ませると再生能力で

    多少は元に戻ります。その後でペーパー掛けすると、

    何処にキズが合ったか分からなぐらいになります。

    ひとつひとつキズを直してワックスを掛けると、

    家にとても愛着が湧いてきます。

    お客様が生活すろ所を想像しながら、床を磨いていると

    まるで娘を嫁に出す父親のような心境になります。

    いつまでも大事に暮らして下さればいいなあと

    しみじみと思う訳です。

    お施主様、これからも末永く家を大切に暮らしてください。

    SIN Blog
検索結果 1300件中891900件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 1301つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する