MENU
  • 青森へ

    update:2013.08.06

    東北の代表的な祭り、「青森ねぶた祭り」が

    8月2日〜7日まで開催されます。

    毎年、延べ300万人以上の観光客が訪れる、

    国の重要無形文化財に指定された大規模な

    祭りを見に行くとは思ってもいませんでした。

    幅約9m、高さ約5m、奥行き8mという大きなねぶたが、

    市中を練り歩く姿は想像を絶します。

    遥か遠い鹿児島から飛行機を乗り継いで

    見に行く価値は充分にあるでしょう。

    お誘い頂いたグリーンライフみちのくの太田社長に感謝します。

    それでは、8日まで青森に行ってきます!

    SIN Blog
  • 同級生

    update:2013.08.05

    昨夜は東京から里帰りした友人のために、

    高校の同級生が集まりました。

    嫁さんも同じ高校の同級生なので、

    高校の友人とよく会っていますが、

    久しぶりに会う友人もいて大変盛り上がりました。

    卒業から30年近くなり、それぞれ進む道は違いますが、

    会えば高校の頃と変わらず、懐かしい話に華が咲きます。

    現在の仕事や夢の話など、立場は違えども、

    お互いの歩んできた人生で培ってきた経験を、

    気取らずに話せる仲であり続けられればと、

    切に願っています。

    ポジティブな同級生達に刺激されながら、

    もっと成長していこうと思った夜でした。

    SIN Blog
  • 家造りセミナー

    update:2013.08.04
    本日は、「神様が宿る家」の著者、澤田升男先生による 本当に良い家づくり&資金計画セミナーを開催しました。 今回もジョークを交えた毒舌が絶好調で、 初めは緊張気味の会場も徐々に和やかな雰囲気に なって行きました。 セミナーにはリピーターのご参加も多く、 多い方で6回も聞きに来られている方もいらっしゃいます。 リピーターが多いという事は、何度聞いても面白く、 ためになる内容だという事になるんだと思います。 次回は11月開催なので、たくさんの方のご参加を お待ち致します。家造りを真剣にお考えの方は、 是非おこし下さい。
    SIN Blog
  • グリーンリモデルフェア2013

    update:2013.08.03

    福岡のマリーンメッセで開催中の
    グリーンリモデルフェア2013に来ています。
    「安全、安心、快適、長持ち、そして地球にやさしい。」
    をテーマにTOTO、YKK、ダイケンが主催で
    広いマリーンメッセを充分に使い展示をしています。
    特に目に付いた物は、トイレやシャワーなどの節水技術です。
    トイレは、30年前と比べて20Lから4Lと1/5の節水になっています。
    シャワーもエアーインシャワーといって、空気を含ませることで
    従来の3割減の節水が出来る様になっています。
    資源の無駄を省くためにも、この進歩はGOODでした。
    窓サッシも、熱を遮る、音を遮る、風をつかむという内容で、
    体感展示も行われていました。
    グリーンライフグループで採用されたサッシも展示されており、
    その性能の高さを模型を使って、分かりやすく展示されていて、
    実際に見ることで納得してお勧め出来ると確信しました。
    久しぶりに展示会に参加しましたが、初めて見るものもあり
    とても勉強になりました。

    SIN Blog
  • 測定しました

    update:2013.08.02

    神様が宿る家では、VOC検査、音測定、断熱測定、

    放射能測定、を行っています。

    VOC測定は室内の空気中にある化学物質の

    測定で、シックハウスやアレルギーなどを

    併発する恐れのある、ホルムアルデヒドや

    アセトアルデヒド等を測定します。

    音測定はトリプル断熱により防音性に

    優れている事をを証明するために、室内と

    室外の音を測定します。

    断熱測定は外壁温度と室内の温度差や、

    室内の断熱がしっかり取れているかの測定です。

    放射能測定は、原発事故の影響が無いか、

    基礎工事、上棟、完成時にガイガーカウンターで

    測定します。

    今日は、S様邸で音測定と断熱測定を行いました。

    音測定では室外音が65デシベルに対し、

    室内は29.5デシベルという結果でした。

    これは、深夜の郊外でささやく音と同等の

    音の大きさという結果です。

    断熱測定では、外壁温度62度に対し室内温度は

    28〜30度という結果になりました。

    実際に測定する事で、データーとして実証できるので、

    お施主様の安心に繋がると思います。

    SIN Blog
  • 猛暑

    update:2013.08.01

    鹿児島は36度の猛暑日でした。

    アスファルトがフライパンの様に蒸気をあげ

    暑い日差しが照りつけてきます。

    現場に行くと職人さん達は、暑さに耐えながら

    せっせと仕事に取り組んでいます。

    資材を届けるだけで汗だくになり、

    頭がクラクラしてきてバテてしまう自分とは違って

    職人さん達は根性があります。

    こんな日に一生懸命働いてくれる職人さん達に感謝です。

    日本各地では豪雨により被害に見舞われています。

    鹿児島は被害に合っていませんが、

    8.6災害時の事を思い出し、被害に合われた方の

    心情を察します。

    早く復興される事を心より祈願いたします。

    SIN Blog
  • update:2013.07.31

    2年ぶりに海に行ってきました。

    鹿児島の南西、東シナ海をのぞむ、

    天孫降臨の神話にも登場する

    いにしえの地笠沙町の海岸へ。

    青い空に湧き立つ白い雲、

    海底まで透き通った広い海。

    絶好のシュノーケル日和、友人と共に

    笠沙の海へ魚になりにいきました。

    珊瑚の絨毯の上を群れをなして泳ぐ、

    色とりどりの小魚達、悠々と泳ぐコロダイ、

    飛ぶように泳ぐイカの親子、

    海の世界は地上に無い物ばかり。

    魚達から見れば人間はよそ者、

    海の中では魚から観察されているように感じます。

    不安定な海の上で、

    肺呼吸では生きていけない不安を抱え、

    命の大切さに気付きます。

    直ぐ近くに大自然の残る鹿児島、

    その環境に心から感謝しています。

    運動不足で体はボロボロですが、

    心はすっかりリフレッシュしました。

    SIN Blog
  • ステンレスキッチン

    update:2013.07.30

    最近、ステンレスキッチンをご要望される

    お客様が増えています。

    カウンターにステンレスを加工して使用したり、

    ステンレスのオーダーキッチンを注文したりと様々です。

    わたし個人としても、ステンレスのシンプルなデザインが

    好きで、住宅の何処かに使ってみたいと思っていました。

    ステンレスの良さは、手入れが比較的簡単な事と、

    熱に強い、ベニヤや合板を使用せず、

    VOCの発生を抑えられるという事です。

    金属なので冷たさを感じますが、業務用の厨房機器は、

    ステンレスが多くプロも認める良さがあります。

    鹿児島市にある鎌石ステンレス工業さんは、

    鹿児島のステンレスキッチンの第一人者です。

    工場と併設のショールームを構え、キッチンの展示もしています。

    工場から聞こえてくる金属音を聞きながら、

    ショールームでキッチンを見ていると、

    職人が一所懸命作っている手作り感を十分に味わえます。

    オーダーで注文したキッチンが出来上がってくると、

    とてもワクワクしてきます。

    ステンレスキッチンに興味のある方は、

    鎌石ステンレス工業さんをお勧めいたします。

    SIN Blog
  • 除湿

    update:2013.07.29

    週末から打ち合わせやイベントが続き、

    ちょっと夏バテ気味です。

    体力を維持する為に、食事をきっちり取ろうと

    思うのですが、不規則な時間に食事をするため、

    食欲がわかず、水分ばかり取ってしまいます。

    お蔭ですっかり痩せたかと言えばそうでも無く、

    現状維持のままなので不思議です。

    それにしても今年の暑さはちょっと以上です。

    鹿児島は雨が降らない代わりに湿度が非常に高く、

    窓を開けるとサウナのような蒸暑い空気が押し寄せてきます。

    クーラー無しではとても過ごせそうにありません。

    昨日、見学会を開催したS様邸には平屋の35坪の家に、

    エアコンが2台付いていました。

    トリプル断熱の家なので、2台のエアコンで十分冷えるのですが、

    最初に窓を開けていたため、室内に湿気が入っていて、

    そのまま冷やせば室内の湿度は上がってしまい涼しく感じません。

    まずは湿気をとる為に除湿をしてから、冷房に切り替える事が

    最善だと思います。湿度が低くなれば体感温度も変わるので、

    多少気温が高くても快適に過ごせます。

    S様邸でも除湿して冷房に変えると直ぐに涼しくなりました。

    長時間冷房にするより少し除湿をする方がエコかもしれません。

    冷房を着けていても蒸暑いと感じたら除湿を試みて下さい。

    良い結果が出るかもしれません。

    SIN Blog
  • バイオエタノール暖炉

    update:2013.07.28

    出水市の武家屋敷群で建築予定のK様邸ですが、

    薪ストーブを施工する為に届出をしたところ、

    煙突部分が武家屋敷の景観を損なうとの事で、

    プランを変更したり、ストーブの施工を工夫したりと

    試行錯誤していましたが、結局安全面を考えると

    無理が生じるという結論で断念する事になりました。

     

    奥様がとても楽しみにされていた薪ストーブだったので、

    それに代わるものが無いかと、ネットで検索していると、

    『バイオエタノール暖炉』という物を発見しました。

    ネーミングとデザイン性に惹かれて調べてみると、

    トウモロコシやサトウキビなどを原料としてつくられた燃料

    「バイオエタノール」を燃焼させる新しいタイプの暖炉で、

    従来の暖炉が有害物質や煙を発生していたのに対し、

    バイオエタノール暖炉はススや煙、有害物質をまったく

    出さず、煙突を設置する必要もありません。

    また、従来の暖炉や薪ストーブは熱量のほとんどが

    煙突を通して外部に逃げていましたが、

    バイオエタノール暖炉は煙突が無いため、熱量が外に

    逃げる事なく90%以上の熱量を暖に変える事が可能です。

    こう書けば、バイオエタノール暖炉がとても素晴らしい物に

    感じますが、欠点は燃料が日本では市販されておらず、

    販売委託をしている燃料メーカーにメールかFAXでの注文に

    なってしまう事と、海外での施工実績は増えているようですが、

    日本ではまだ施行例が少なく、情報が足りないという事です。

    本当に良い物であればお施主様にお勧めしたいのですが、

    どなたか詳しい方は教えて頂けると幸いです。

    SIN Blog
検索結果 1301件中761770件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 1311つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する