MENU
  • ホームページコンテスト

    update:2012.09.17

    グループ内で最良のホームページを決めるための、

    ホームページコンテストがありました。

    各社から審査員を3名選び、今日までに審査し集計して提出します。

    Sin工房から私と西、森田が審査員に選ばれました。

    今まで、他社のホームページをじっくり見る事は殆どありませんでしたが、

    今回、審査員としてホームページを見てみると、

    各社の思い入れやイメージがそれぞれ違い、

    特徴があってとても面白いでした。

    全部で28社のホームページを審査して、

    自社に取り入れられる事や改善したいことなど、ヒントをたくさん得ました。

    Sin工房のホームページも、もっと見やすく、情報満載の楽しい

    ホームページにリニューアルしていきたいと思っています。

     

    ここ何日かパソコンを一日中見ていたせいで、

    目がシパシパしています。老眼も進行したかもしれません。

    しばらく目を休めたいと思います。

    SIN Blog
  • 台風養生

    update:2012.09.16

    鹿児島に台風が近づいています。

    昨日から雨が降り出し、今は風がかなり強く

    時折、滝のように雨が降ってきます。

    何事もなく台風が通り過ぎる事を祈るばかりです。

    夕方、台風養生の為に現場を確認に行きました。

    以前は、大工と一緒に養生をしていましたが

    スタッフが増えたおかげもあり、確認だけで済むようになりました。

    初めての事でしたので、心配しながら現場を回りましたが、

    しっかりと養生が出来ていたので安心しました。

    台風も自然災害ですので、思いもよらない事が起きるかもしれません。

    それでも万全の対策をして、被害が起きないようにしなければいけません。

    念には念をおして、後は天にお任せするのみです。

    被害が出ない事を心から願います。

    SIN Blog
  • 一生を共にする

    update:2012.09.15

    お客様の夢や思いがいっぱい詰まった家造り。

    大切なお金をかけて、良い仕様の家を造っても、

    作り手の姿勢が間違っていると、お客様の

    満足度は低くなってしまいます。

     

    お客様は一生の買い物をする覚悟で、

    Sin工房を選んで頂いています。

    その覚悟の気持ちに応えるためには、

    中途半端な考えではとても満足して頂けません。

    お客様に満足して頂けるためには、

    お客様と一生を共にする位の覚悟が必要だと

    私は思っています。

     

    今朝、朝礼後にスタッフだけで報連相の改善点を話し合いました。

    私は傍から様子を覗っていました。

    昨日の反省や今後の改善など、色々な意見が出た中で、

    一人のスタッフから次のような言葉が出てきました。

     

    「Sin工房は、お客様との繋がりを大切にする会社だと

    思っている。それを蔑ろにしたり、いい加減にする事は

    許せない。私はこれからも、Sin工房がお客様を大切

    にする会社であるようにしていきたい。」

     

    後ろで聞いていてジーンときました。

     

    そんな気持ちをスタッフ全員が持ってくれたら、

    Sin工房の家造りはもっと、もっと良くなります。

    「どんな建物を造るか」も大切ですが、

    「どんな会社で建てるか、どんな人から建てるか」は

    もっと大切だと思います。

     

    家造りはロボットが建てるわけではありません。

    人と人との繋がり、ご縁があり、そこに心と心が結びあって、

    本当に良い家が出来上がります。

    それが『神様が宿る家』だと私は思います。

    一生を共に出来る会社に成るようにスタッフ一同、日々精進していきます。

    SIN Blog
  • 過ちを繰り返さない

    update:2012.09.14

    本当に報連相は大事です。

    特にお客様への報告、連絡を怠れば会社の信用に関わります。

    今日はお客様からお叱りの言葉を頂きました。

    それは私達の連絡ミス、報告ミスから起こった事です。

    スタッフが一人だけで情報を抱え、その事の重要性やお客様の気持ちを

    あまり考えずにいた結果、

    連絡する事を忘れ、お客様を不快な気持ちにさせてしまいました。

    お客様からの一言一言が、私達Sin工房の事を思って頂いての事で、

    心に深くしみ込み、今後同じような過ちは決して起こさないと、

    お叱りを受けながら深く反省いたしました。

    出張も多くなり、スタッフとの報連相も希薄になっていたのかもしれません。

    今回のお客様のお言葉は、本当に有難いお言葉でした。

    お客様の事を一番に考えた、最良の報連相を

    これからスタッフ一同、徹底していきたいと思っています。

    SIN Blog
  • パワーアップ

    update:2012.09.11
    社員全員で澤田塾に参加するため、 博多に来ています。 前回から2ヶ月が過ぎ、前回学んだ事を実践で来ているか、 新らしいステップに向けて準備は出来ているかなど、 確認しながら新幹線に乗りました。 毎回、澤田塾で「気づき」を頂けるので、 今回も一つでも多く吸収してきたいと思います。 スタッフも前回以上に楽しみにしていましたので、 鹿児島に帰ってからのパワーアップに期待したいです。 社員全員で参加出来るのも、お客様のご理解と、 留守を守ってくれているスタッフ平田のお陰です。 感謝の気持ちを皆様にお返し出来る様、 しっかりと勉強して参ります。
    SIN Blog
  • 物語

    update:2012.09.12
    人にはそれぞれ産まれてから今まで、 生きてきた物語があります。 それは、一人一人違った物語です。 会社も一緒です。 どんな思いで会社を設立し、 今までどの様な経営をしてきたか、 そこには、会社の歴史があります。 企業理念は物語があって成り立っています。 今回の澤田塾、とても深い内容でした。 お客様から求められる、良い企業になるためには、 社員全員一緒に成長し、 Sin工房オリジナルの物語を作っていかなければなりません。 それは、利他の心を持った希望溢れる物語になる事でしょう。 『神様が宿る家』を造るに相応しい企業になる為に、 覚悟を決めて実行、実践していきます。 澤田先生が仰る、「みんな良くなればイイじゃん」 その言葉の通り、お客様、会社、社員、みんなが良くなる様に・・・・。
    SIN Blog
  • 出会いの奇跡

    update:2012.09.13
    博多の澤田塾の後、一人、大分まで行きました。 大分ではグリーンライフ大分の利行建設様が 『神様が宿る家』を広めようと頑張っています。 鹿児島で他社の現場は中々見る事が出来ないので、 他の工務店がどの様な施工、現場なのかとても興味があります。 利行社長は大工の家系の出身で、現場での納まりや、 業者の指示がとても細かく、的確です。 沢山の現場を案内して頂き、なるほどな〜と考えさせられる、 気づきをいっぱい頂きました。 噂のダチョウもしっかりと観察しました。 この気づきを鹿児島に戻り、早速現場に取り入れていきたいです。 利行社長、お忙しい中ご案内頂きまして有難うございました。   その後、別府に移り二十数年来の旧友と再会しました。 郵便局時代の同期で、突然の訪問にも関わらず温かく迎えてもらいました。 久しぶりの再会でしたが、会えば昔に戻り、屈託のない純粋な あの頃の心で、お互いの近況や昔話など会話に花が咲きました。 歩む道は違えども、切っても切れない深い絆で結ばれているようです。 自分の持ち場をしっかりと守り、それぞれの人生を築いていこうと話、 次の再会までお互い健康に気をつけて頑張ろうと約束を交わしました。   この世で、出会える人の数は限られています。 青春を共にした旧友との出会い、 澤田塾の同志の面々、 そして、自分の人生を変える澤田先生との出会い。 この時代、このタイミングで出会えた奇跡を大切に、 毎分毎秒、真剣に生きていきたいと思います。
    SIN Blog
  • ポジティブな女性

    update:2012.09.10

    今日は、ヤマハショールームでパース講習会があり、

    森田と西が勉強に行ってきました。

    インテリアコーディネーターを目指す森田は、

    内装資材の販売会社に勤めた後、

    デパートの化粧品販売員等を経験していて、

    お客様の接遇に長けています。

    建築の営業経験はありませんが、

    何事にもポジティブで、こちらからの注文も

    二つ返事で引き受けてくれます。

    たまには、(まだ無理かもなあ)と思う事も

    「やります!」と快く引き受けるので、やって貰っています。

    仕事的にはまだまだ、覚えて貰わないといけない事が多いですが、

    自分からやろうとする姿勢が、とても良いと思っています。

    今は営業を中心にやっていますが、いずれはインテリアコーディネーター

    として活躍してくれるだろうと期待しています。

     

    新人三名が入社して、マナー講習や研修などを通し

    少しずつ社内のチームワークが出来てきています。

    明日からの澤田塾で益々パワーアップして、固い絆で結ばれた

    Sin工房の基盤を作っていきたいと思っています。

    SIN Blog
  • 安心した生活のために

    update:2012.09.09

    Sin工房で家造りをされる時に、

    お客様に守って頂きたい事柄がいくつかあります。

    ひとつは、『0宣言の家』を建てていただくこと。

    二つ目は、『生体エネルギー資材』を使っていただくこと。

    三つ目は、『資金計画』をしっかりしていただくこと。

    一つ目と二つ目は安心して健康に住まえる家を

    建てて頂くためにお願いしています。

    3つ目は、お客様と末永いお付き合いをさせて頂くために、

    無理のない経済生活を送って頂きたい、という願いからです。

    折角、良い家にお住いになっても日々の生活が苦しいと

    本当に幸福とは思えません。

    ローンの支払いの為だけに、必死になって働く事はお勧めできません。

    家族が幸せな日々を過ごせる為にも資金計画は必用です。

     

    本日開催した『資金計画セミナー』は大変好評でした。

    みなさん真剣にセミナーに参加していただき、

    個人相談も充分に時間をかけてお話されていました。

    ライフプランニングをしっかりして、納得された上で

    家造りに取り組んで頂きたいと思っています。

    今後も定期的に開催して行きますので、

    まだ、資金計画をされていない方は是非ご参加ください。

     

    ファイナンシャルプランナーの徳重様、木ノ下様

    本日は誠にありがとうございました。

    SIN Blog
  • 青春

    update:2012.09.08

    高校三年生の次男坊が体育祭で応援団長をするというので、

    初めて高校の体育祭を見に行きました。

    次男坊は運動も勉強も、あまり得意でなく、

    親の目から見てもチャラチャラしている

    今どきの高校生だと思っていました。

     

    そんな次男坊が応援団長なんて務まるのだろうか?と

    心配しながら体育祭に行ったのですが、

    なんと次男坊が選手宣誓をしているではありませんか。

     

    全校生徒の前で堂々と、大きな声で宣誓をした我が子を見て、

    ビックリするやら感心するやらで、胸が一杯になって言葉が出ませんでした。

    親の知らない間に子供は成長するんですね。

    今日は、我が子ながら次男坊がカッコよく見えました。

    そして、若さ溢れる生徒たちのパワーを感じ、

    エネルギーをいっぱい貰ってきました。

     

    青春っていいですね。若い時の思い出は一生の宝です。

    これからも失敗を恐れずに色んな事にチャレンジして欲しいと思います。

    親父も、まだまだ若いもんには負けずに、青春を謳歌していきます。

    SIN Blog
検索結果 1300件中10811090件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 1301つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する