MENU
  • 窓の結露

    update:2022.01.25

    冬場の寒い時期になると窓ガラスに

    結露がついてしまい、床やカーテンが

    濡れて後の処理が大変です。

    結露をそのまま放置しているとカビの

    原因となり室内環境面でも悪状況となります。

    窓の結露の原因は外部と内部との温度差です。

    冬場の寒い日、外気温が10℃以下の時、

    室内で暖房器具を使用して室内温度が20℃

    以上になると窓のところで温度差がおきます。

    コップに冷たい水を入れた時と同じ状況が、

    窓周りでおきてしまって結露してしまいます。

    特にアルミサッシで1枚ガラスの場合、

    外部の熱を伝えやすいので結露がおこり易く

    なります。

    窓の結露や省エネを考えると樹脂サッシで

    アルゴンガス入りのペアーガラス以上の

    サッシを使用される事をお勧めします。

     

    SIN Blog
検索結果 1件中11件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する