MENU
  • 地鎮祭

    update:2014.11.29

    薩摩の米どころ、伊佐市で地鎮祭を行いました。

    農業が盛んな大自然の中、広大な畑と一軒家、

    田舎暮らしを堪能できる理想の家造り。

    薪ストーブを囲んで寛ぐ風景が目に浮かんできます。

    S様の終の棲家の施工に、携われることを感謝しています。

    これから完成まで誠心誠意取り組んでいきますので、

    今後とも宜しくお願いいたします。

     

    SIN Blog
  • 高血圧

    update:2014.11.28

    11月も残り3日になりました。

    仕事量の割に1日が過ぎるのが早いです。

    年内に片付けないといけない事も多いので、

    時間を大切にしたいと思います。

    先日、久しぶりに健康診断をうけました。

    久しぶりに血圧を計ったら、

    看護師さんが首をひねりながら、

    何度も測定して下さいました。

    後で理由を聞いたら、血圧が高かったので

    確認の為に何度も計ったようでした。

    今まで、高血圧と判断されたことがなかったので、

    その話を聞いてちょっとショックでした。

    高血圧の家系なので、これから気を付けなければ

    いけません。アルコールも控えめにしたいと思っています。

    これから忘年会の季節なので、特に注意です。

    SIN Blog
  • 雨が...

    update:2014.11.28

    お昼すぎから雨が降りだしています。
    どうやら今週末から来週あたまにかけて
    天気がくずれるようです。
    折角の紅葉...。雨で散ってしまわないことを祈ります。
    しかも来週からは、寒くなる様子。
    寒くないと冬のような気もしないし...
    かといって寒いのは苦手ですし...
    なんにせよ風邪をひかないように用心せねばですね(*^_^*)

    本日もみなさま、ありがとうございました。
    よい週末をお過ごしください。

    HOKANISHI Blog
  • what's地盤?

    update:2014.11.28
     
     
    前回に引き続き地盤のトラブルについて書きます。
     地盤が緩いとわかっているにもかかわらず対策せずに建築すれば、
    それは建築会社の責任となります。しかし、地盤は工業製品ではないので、
    場所によって強さがばらつくのは当たり前です。これを地盤調査で100%把握することはできません。
     例えば、このような事例もあります。地盤調査の結果はとても良く、
    建て替えで地形的にもまったく問題がない土地でした。ところが、数年後に
    [不同沈下しているので調べてほしい]と連絡があり、地面を掘って調べたところ、大量の瓦の残骸が出てきたのです。
     このようなケースの場合、一体、誰の責任なのでしょうか?
    家を建てた建築会社に最初にクレームが入ります。それでは、すべて建築会社の責任で済む話なんでしょうか?それ以前に瓦の残骸を埋めた人がいるはずです。そして、その土地を売った人、土地の売買を仲介した不動産会社、地盤調査をした会社など、いったい誰の責任なのか暖味になってしまうこともあるのです。
     責任が誰にあるかにかかわらず、被害を受けるのは家の持ち主である生活者です。事前に地盤情報をよく把握してしかるべき対策を実施し、不同沈下を発生させないことが大切です。
    これまで、地盤について、解説してきましたが、不同沈下で亀裂が入っリ
    体調不良でめまい・肩こり・自律神経失調症など全国にはいろいろな地盤トラブルもおきているようです。
    同社も、家づくりの土台になる部分なので、より安全に、しっかりした取り組みが今後私たち建築屋の課題です。
     
     
     
    TAHARA Blog
  • 意外と怖い不同沈下

    update:2014.11.27

     

             
               
    今回も引き続き地盤トラブルについて簡単に説明いたしましょう。
    家が不同沈下するとどのようなことが起きるのでしょうか?
    まず家全体が歪むことにより、窓やドアの建て付けが悪くなります。
    そして、壁や基礎などにも亀裂が見られるようになります。さらに、
    人によっては、目胘など体調を崩す方もいます。  
    これからは家の傾きによる直接的な被害ですが、これだけでは
    ありません。苦労して購入したマイホームが欠陥住宅だったと
    いうことで、ショックにより精神的に不安定になってしまうなど、さま
    ざまな影響を及ぼすのが不同沈下の怖いところです。  
    次回は、不同沈下はの責任問題について解説したいと思います。
               
    TAHARA Blog
  • ハッピーホーム通信12月号

    update:2014.11.27

    ハッピーホーム通信12月号。
    本日発送作業を終わらせました(o´∀`o)
    近日中に皆様のお手元へ❤
    先走って少しご紹介しますと...
    12月は、ほぼ毎週イベントがございます♪
    みなさま、お時間が合いましたら、
    ぜひぜひご参加くださいませ。

    本日もみなさま、ありがとうございました。

    HOKANISHI Blog
  • 結露

    update:2014.11.25

    これからの季節、窓周りの結露で

    お悩みの方が増えてきます。

    結露の原因は室内温度と室外温度の

    温度差によっておきるのですが、

    ペアーガラス(複層ガラス)にすれば

    解消するだろうと方が沢山いらっしゃいます。

    結露の原因はガラス面は勿論ですが、

    サッシ枠の温度差も重要です。

    アルミサッシの場合、熱伝導率が高いので、

    外気温を室内に伝えてしまいます。

    やはり、樹脂サッシの方が熱を伝えにくく、

    結露の可能性も低くなります。

    結露が起きれば、カビや害虫の発生にも繋がりますので、

    健康面でも思わしくありません。

    最近では各サッシメーカーも、エコロージーの観点から

    樹脂サッシを薦めています。

    家の性能を高める為にも、まずは窓周りから考えてみては如何でしょうか。

    SIN Blog
  • 思いは通じれど...

    update:2014.11.25

    「晴れろ、晴れろ。」
    思いは通じて、日中より雲がはけて晴れ間が♪
    これはよいぞと、千本イチョウの色づき状況をチェック。

    ...あれ?まだ、あまり黄色くない(´A`)
    なんて杞憂だったのでしょう。
    どうやら見頃は、来週のようです。
    さて、明日はどこに行きましょうかね。

    11月があっという間に過ぎ、もうすぐ12月。師走。
    今年やり残したこと...沢山ある気がします。
    ひとまずは、ゆっくり季節を味わうゆとりから。
    本日もみなさま、ありがとうございました。
     

    HOKANISHI Blog
  • プランニング

    update:2014.11.24

    久しぶりにお施主様のプランニングをしてみました。

    外観イメージを考えながらプランニングしていくと、

    結構な脳細胞のリハビリになります。

    使い勝手の良い動線とデザイン性を兼ね備えた

    間取りを描くことはとても難しいですが、

    お客様に喜んでもらえるプランが出来ると

    本当に嬉しい物です。

    空間を上手に利用した遊び心のある

    プランを考えたいと思っています。

    SIN Blog
  • 雨のち晴れ

    update:2014.11.24

    夕刻から雨が降りだしています。
    昨日の予報では、
    24日(祝月) 曇り
    25日(火) 曇りのち雨
    26日(水) 雨のち曇り
    と、火〜水にかけて雨の予報だったのですが
    今日見たら、少し前倒しになって26日(水)には晴れ間が。
    これは...諦めかけていた千本イチョウに
    行けるかもしれません(*^_^*)♪
    「雨のち晴れ」を祈って、てるてる様にお願いをしてみます。

    本日もみなさま、ありがとうございました。
     

    HOKANISHI Blog
検索結果 3180件中731740件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 3181つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する