MENU
  • セルロースファイバー

    update:2014.11.22

    田上町F様邸現場進捗です。

    プラスターボードに、セルロースファイバー専用不織布のシートを張り、

    その中にセルロースファイバを吹く工程に入っております。

    3階から順に下っています。大工さんも時間と手間のかかる作業でホコリも

    スゴイです。吹いた後のシートに触れると、セルロースファイバーがパンパンです。

    これじゃ、防音効果、防湿・防火の問題もバッチリです。

    TAHARA Blog
  • 現場報告

    update:2014.11.22
    TAHARA Blog
  • インテリアコーディネーターフェア2014

    update:2014.11.21

    明日22日(日)アミュ広場にて。
    インテリアコーディネーターフェアが開催されます。
    ステージではぐりぶーさくらの新居を作成したり
    インテリアに関して色んなお勉強会があったり
    ワークショップがあったり...
    楽しそうなイベントが盛り沢山です♪

    そして、アミュプラザ6Fでは、市内の小学生たちが
    「こんな部屋あったらいいな♪」と、自由な発想で考えた絵画の展示が(*^_^*)

    大賞の”こんな部屋いいな賞”受賞作品は
    実物大のお部屋化されているそうです!
    ぜひぜひみなさま、遊びに行かれてください。

    本日もみなさま、ありがとうございました。

    HOKANISHI Blog
  • 役員会

    update:2014.11.20

    風邪がなかなか治りません。

    周りにうつすといけないので

    マスクを着用してるのですが、

    メガネが曇ってパソコンも見えにくいです。

    やっぱり健康が第一ですね。

    早く治して元気よく仕事に取り組みたいです。

    業者会役員会で来年の予定を検討しました。

    もう、年末になり来年の事も考える時期になり、

    一年の早さをひしひしと感じます。

    業者会も三年目です。年々充実した会になる様に、

    会長さん共々頑張っていきたいと思っています。

    業者会を引っ張ってくれている、

    役員さん達に感謝しています。

    良い家造りの為にも協力し合って頑張りましょう!

     

     

    SIN Blog
  • 施行能力

    update:2014.11.20
     
    私は、これからは[施行の時代]だと考えます。
    施行力には、家づくりの技能や技術、経験、ノウハウのすべてが含まれます。
    この施行力を大きく左右するのが、[施行能力]です。
    監督とは、簡単にいえば, 最終的な実施設計の図面通りに工事が行われるようにチェックしたり、指示することです。設計図は、映画で言えば原作やシナリオです。監理は、現場で作品を仕上げる監督の仕事にあります。
    現場監督には、大きく次の四つの役割があります。
    1.現場に立ち会い、設計図通りに施行され てるかを確認する。
    2.木材や仕上げ見本、設備類などを検査する。
    3.経費が正しく使われているかを確認と承認する。
    4.お客様の意向を的確に現場に伝える。
     
    それなりに実績のある会社であれば、一定の技術、ノウハウは備わっています。
    しかし、現場は生きています。
    図面には表せない細かい部分の仕上げもあります。小さなミスや計算ちがい、素材や設計の修正・変更、トラブルやクレームなど、クリアすべき問題が次々と現れます。現場には、そのつど、的確な指示や手配が必要です。この監理の仕事が的確に行われないと、現場の間違った判断によって、設計図どおりに家が建たないケースも起こります。
    また、現場の人間のチームワークも大きな要素です。設計の意図やアイデアを汲み取り、完成のイメージを全員で共有する。そこから現場のやる気を引き出す。こうした監理者の能力やリーダーシップが現場の土気を左右することが多いです。現場に力がある会社は、信頼できる会社で す。当然、同社も力のある会社と自負しています。
    しかし、形だけの監理しかしない会社がここ最近多いのも事実です。
    せっかくお客様から受注しても、実際の施行は下請けに丸投げしたり、現場経験のない営業マンが単なる連絡係として担当する場合もあります。大手メーカーの場合は 概して設計から現場までの距離が遠く、一棟ごとに現場を仕切る業者がちがっていたりします。
    現場監督には経験と豊富な知識が必要です。施行のプロセスに目を光らせ、お客様が求める住まいの品質や機能を保証する。
    優れた会社は、必ず設計と現場にをつなぐプロフェッショナルを抱えているものです。これは外からは見えにくい部分ですが、きちんと見極めておきたいところです。
     
    TAHARA Blog
  • 第3木曜日

    update:2014.11.20

    11月の第3木曜日。明け方0時。
    といえば...ボジョレーヌーヴォー解禁日!
    ちなみに...
    2012年-「ボジョレー史上最悪の不作」しかし、味は例年並
    2013年-天候に恵まれ、香り豊かで、フルーティーな味わい
    さてさて、今年は...?(*^_^*)
    普段あまりお酒を飲みませんが
    こういうお祭りモードの時にはやはり気になりますね。
    今週末に向けてきっとイベントも沢山催されているはず...。

    楽しみですね♪
    本日もみなさま、ありがとうございました。

     

    HOKANISHI Blog
  • アフターメンテナンス

    update:2014.11.18

    アフターメンテナンスでお施主様のお宅を訪問しました。

    久しぶりに伺ったのですが、大切にお住いになって

    いらっしゃる様子で、どこも綺麗に整理整頓され、

    お手入れが行き届いている感じでした。

    住まい心地をお尋ねすると、ここ数日寒くなりましたが、

    家の中は暖かく快適に暮らせると仰って頂き、

    断熱効果のある事が立証されて安心しました。

    これから益々寒くなりますが、暖かい家で幸せに

    お過ごし頂ければ幸いです。

    私の方ですが、相変わらず寒い家に住んでますので、

    ここ数日風邪をひいてしまってダウン状態です。

    明日は休日なのでしっかり風邪を治したいと思ってます。

     

    SIN Blog
  • おるすばん

    update:2014.11.18

    本日は...
    スタッフそれぞれ外作業に出かけて
    なんとなく一人寂しくお留守番の日。
    ふと外を見ると、ほのかな殺気。

    かわいいご来客さまでした(o´∀`o)
    また遊びにきてくれるとよいなぁ。

    本日もみなさま、ありがとうございました。

    HOKANISHI Blog
  • デザイン

    update:2014.11.18

     

     
    住まいのデザインについて、どんな考え方を持ってるか。ここに、業者の家づくりの姿勢を見極める大きなヒントがあります。
    本当に優れたデザインには、仕立てのよいオーダーメイドの洋服のような機能美があります。
    生活によく馴染み、年月とともに味わいや愛着が増してきます。
    流行や新しさは、時間とともに変化します。アピールすることだけを狙ったデザインは飽きがくるのも早く、凝ってお金をかけた分だけ、後悔も大きくなります。
    外観や空間のデザインは、住まいにとって、最も大切にしたいテーマの一つです。
    しかし、カタログに並んだ意匠をパッチワークようにつなげていくことがデザインの仕事ではありません。デザインは、住み心地やご家族の個性を追求する中から生まれてきます。
    住宅の構造や基礎などの足腰をしっかりさせ、そこからご家族の暮らしを見つめ、長く住める快適な家をつくる。そういった誠実な家づくりの姿勢と結びついて、本当に優れたデザインは活かされます。
    住宅のデザインは、必ず[その家族にとって]というオリジナルな性格を持っています。
    その意味で、住まいのデザインは、規格化や工業化とは馴染まない面があります。
    デザインだけで差別化が図られ、まるで一粒の消費財のようにして売られる住宅があります。そこには、いろいろな[標準仕様]や[オプション]も加わります。そこが自動車や家電機器ならわかりますが、何十年も住み続ける住宅なら話は別です。
    住まいのデザインを語るためには、その家族の暮らしを知ることが出発点です。私は、そのことをよくわかっている相手を選ぶべきだと考えます。
    デザインには、建築以外でも見極めることが最大のポイントだと私は思う。
    TAHARA Blog
  • 薪ストーブとペレットストーブ

    update:2014.11.17

    ここ数日、急に冷え込んできて、

    そろそろ暖房器具を使い始めるご家庭も

    多いのではないかと思います。

    一般的に暖房器具で多いのは、

    エアコンを使用することですが、

    最近問い合わせが多いのは、

    薪ストーブやペレットストーブ等です。

    薪ストーブは皆様良くご存じの通り、

    鋳物のストーブに薪を入れて

    ストーブ本体の輻射熱で温める暖房方法です。

    ストーブでの調理や薪が燃える様など、

    癒しの為のアイテムとして最適ですが、

    煙突工事や薪の手配、保存など課題も

    多いのが欠点でもあります。

    ペレットストーブは薪ストーブの雰囲気を味わいながら、

    薪や手入れの煩わしさが軽減され、

    薪ストーブの代用品として人気があります。

    使用する燃料は木質ペレットと言って、

    主に植物から生まれた再生可能な有機物を使用します。

    燃料費も灯油ストーブと変わらないぐらいの

    費用で賄えるのも人気の一つです。

    但し、本体は薪ストーブと違い機械の一種なので、

    経年劣化で故障する場合もあり、

    将来のメンテナンスも考えて

    ご検討される事をご提案いたします。

     

    SIN Blog
検索結果 3155件中721730件を表示( 10件ずつ表示 )
ページ移動: 1つ前へ戻る1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 3161つ次へ進む
:

鹿児島で自然素材を使って創る本物の健康住宅

新築だけでなくリフォーム、リノベーションもご相談ください。

株式会社 Sin工房

お問合せフォーム

tel:099-268-1888

 

 上部へ移動する